包茎治療は切除と固定の2つの治療が主流

包茎について知って得する豆知識!(包茎豆知識サイト)

包茎は日本人男性が抱える下半身の悩みで最も多いとされている悩みになります。この包茎についての豆知識を紹介します。包茎が遺伝するという情報に関しての真偽なのですが、実際に遺伝に関連性はないとされています。しかし、育つ環境や教育に関して親や子供に知識がなかった場合は包茎になってしまう可能性が高いとされています。また、包茎だとペニスのサイズが小さくなるという情報に関しても関係はありません。実際に包茎でもサイズが大きい人もいるのでこの情報に関しては体質や成長に影響を受けているということになります。よく包茎になると病気になりやすいと噂されていますが、理由としては亀頭と包皮の間に汚れが溜まりやすく、皮の剥けていない包茎の場合だと溜まった汚れを洗い流したり掃除をすることが困難なため病気になりやすいとされています。必ずしも病気になると言う訳ではないのですが、包茎でない方と比べるとリスクは高いと言えます。特に全く皮の剥けていない真性包茎とカントン包茎の場合は包茎の中でも病気のリスクが高いとされているのです。真性やカントンに関わら、ずペニスを清潔に保つためにもなるべくは手術を受けるべきだと言えますが、汚れが溜まらなかったり支障がないと感じている場合では、手術を受けなくてもいいでしょう。

包茎に悩む男性必見

男性の悩み・包茎の種類について

包茎は、亀頭の部分のどの位置まで皮を被っているかで種類が変わってきます。また皮の被り方によって行える治療が異なってくるので自分の包茎をしっかりと知っておく必要があるでしょう。

包茎の改善策の切除法

包茎の皮を切除することで今後皮を被ることがなく、元の包茎に戻ることが無くなる治療に切除法と呼ばれる方法があります。この治療は真性包茎やカントン包茎の方にオススメの治療になります。

手術に不安を感じるなら固定法で

皮を切らずに医療用の接着剤で止める、固定法があります。この固定法は、手術をしない代わりに時間が経てば固定した接着剤が外れて元に戻ってしまうという可能性があるのです。そのため、担当医と相談しながら決めるといいでしょう。

自分で行なう包茎改善方法とは

病院に行かずに自分で包茎を治せるグッズなども最近は出てきました。しかし、包茎を悪化させたり傷つけたりする恐れもあるので、なるべくは病院でしっかりと治療するほうが望ましいでしょう。

広告募集中